読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenborock’s diary

ドーモKenborockです。地方のしがない中小企業の一般サラリマンです。

美味しくなる牛肉調理法とロマンのお話

肉はロマンがある(挨拶

 

色々と料理動画をYOUTUBEで見ていると参考になるものも多い。

この動画も大変興味をそそられてやってみた。

Perfectly Cooked Steak ! Sous-vide Hack with Beer Cooler !

 

 

といっても温度の保てるクーラーボックスなんぞ持っていない。

ガスコンロ+鍋でやりましたw

 

用意するもの?

・牛肉

 →今回はイオンで買ったローストビーフ用タスマニアビーフ

・バター適量

 →牛肉と一緒にジップロックに入れちゃいます

ジップロック

 →牛肉とバターを入れて空気を追い出します。真空状態にしましょう。

・保温できる容器もしくは温度管理できる状態の鍋

 →温度変化をなるべくしないように大きな容器が望ましいでしょう

・温度計

 →個人的にはアナログのが欲しい

・ガスバーナー

 →BBQで使ってます。ホームセンターなんかでも売ってますな。

 

実践!

鍋でお湯を沸かす。

60度でキープできるように火力調整して、肉入りジップロックを投入。

やはり温度キープが鍋でやると難しい。

 

f:id:kenborock:20160903090454j:image

投入して1時間放置。

時々温度確認してます。

この辺、小さい容量のクーラーボックスなんかは便利だと思う。

 

1時間放置後に引き上げてオーブン皿に取り上げ。

そんでもってバーナーで周りを炙ります。

f:id:kenborock:20160903090504j:image

ゴー!!!と躊躇せずに炙るとこんな感じになります。

f:id:kenborock:20160903090458j:image

通常の火力では出せないバーナーの火力でお肉に焼き色を付けます。

炙った後ちょっとだけお肉を休ませています。

3~5分くらいかな?

 

 

実食

 

切ってみるとこんな感じ。

今回の条件ではちょっと火が入りすぎた感がでてます。

が、まあ初回なので良しとしましょう。

f:id:kenborock:20160903090512j:image

 

今回は切った段階で塩コショウを振っていただきました。

噛めば噛むほどにジューシーな肉汁を堪能できましたが、やや硬いか・・・。

やはり動画のように行うには何回かやらないとダメか。

しかしまあ低温調理がどのようなものなのか実践できたのは良かった。

 

 

※注

低温調理であり食中毒など懸念されるケースもあるでしょう。

このあたり、もしものことを想定すると誰しもおすすめはしませんのであしからず。

特にお肉の調理は事故も多いですので・・・